ムサシを観て

ずいぶん長いなあ、って思っていた「ムサシ」も、埼玉公演は明日を残すのみですね。
出演者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
後は大阪公演。最後まで怪我なく無事に終われますように(祈)

私が観劇してからすでに3週間もたってしまって・・・
日々、薄れゆく記憶と戦っております(^^ゞ


でもね、美しい照明と舞台装置、そして、言葉少なにたたずむ武蔵の姿だけははっきりと、心の中に焼きついております(^-^)
小栗君のきりっとした小次郎もよかったですけど、でも、やっぱり好きなんだよなあ。竜也さんの武蔵。

そんな私が感じた「ムサシ」の感想を少し。

この先はネタバレになっちゃいますので、まだご覧になってない方はどうぞ引き返してくださいませ。
この舞台は何も知らずに、まっさらの状態で見た方が絶対に楽しめると思いますので。




舞台はいきなり巌流島の決闘の場面から始まります。

緊迫した決闘の場面、そして、勝負あった後、まだ息のある小次郎の治療を細川藩の藩士に頼み、武蔵は引き揚げていきます。

そして6年後。。

この時の場面転換が美しかった。
竹林が舞台の奥から現れ、そしてその奥から能舞台のようなお寺の建物が現れゆっくりと組み立てられてゆき。。どこか身毒丸を思わせるような感じ。
奥行きのある埼玉芸術劇場ならではの演出だろう、と思いました。

沢庵和尚(辻萬長さん)や将軍家の兵法指南役、柳生宗矩(吉田鋼太郎さん)、寺の檀家の女性たち(白石加代子さん、鈴木杏さん)らと共に寺開きに参加した武蔵の前に小次郎が現れ、3日後の決闘やり直しが決まります。
二人の決闘を、あの手この手で思いとどまらせようとする人たち。

登場人物も少なく、吉田剛太郎さん、辻萬長さん、白石加代子さんといった重鎮が脇をがっちり固めて、若手3人はその中で伸び伸び演じることを楽しんでいる、そんな舞台でした。

吉田剛太郎さん、素敵過ぎ♪

5人6脚の場面ではあまりのおかしさにお腹がよじれるほど笑わせていただきました(^-^)
でも、あれって、足捻挫したりしないのかしら。
みなさん、そこはプロでしょうから、考えてやってらっしゃるでしょうが。。
武蔵・小次郎はまだいいですよ。若いし、体も柔らかいでしょうから。
でも、ご年配の吉田剛太郎さん、辻萬長さん大丈夫?
なんて失礼な事を考えてしまいました(^^ゞ

武蔵と小次郎。
武蔵は受けの立場なので、どうしても、小次郎の方に動きもあるし、見せ場も多い。
ここが、竜也さんのファンとしてはもうちょっと活躍する場面がみたい!と忸怩たる思いのする部分でもあるのですが(^^ゞ

でもね、竜也さんの静のお芝居、とても新鮮で素敵でした♪
坐禅する姿はだれよりも美しかった♪

無策の策の場面で、杏ちゃんたちにかたき討ちをするタイミングを教えるために
「いまだ・・」(あれ?ここだ..だったかしら。もう忘れてるわ。あんなにドキドキしたのに)
ってさりげなく近づきながらささやくの。
ここの声がね、それはもう素敵で♪
小さなささやき声なんだけど、2階の最後列まではっきりと聞こえて、竜也さんのささやくような声が大好きな私は、もうそれだけで大満足。

小栗君演じる小次郎もとても素敵でしたが、私にはちょっと・・(^^ゞ

まっすぐでおひさまのような小次郎よりも、月の光のような静かな竜也さんの武蔵の方が素敵(^-^)


今まで自分よりも年上の方たちとばかり芝居していた竜也さん。
今まででしたら、きっと小次郎は竜也さんの役でしたでしょう。

彼ももう今年で27才。
これからは自分よりも年下の俳優さんと組むことも多くなってくることでしょう。
そして今回のように受けの芝居を求められることも多くなってくるのでは。

竜也さんは常々、蜷川さんのことを
「いつも、最適のタイミングで、俳優として求められる課題を課してくれる」
と言っていますが、きっと、今回の芝居でそれを学ばせようとしていたのでは。
愛されてるのね、竜也さん。
な~んて、母目線の私は思ってしまうのです。(考えすぎかしら(^^ゞ)


ただ、一言、井上先生にもの申したい!

『「人を斬りながら成長した、唯一の人物」武蔵の成長物語を書きたい』
と言っていた、当初の思惑はいったいいずこへ?
いったい、いつ「復讐の連鎖を断ち切る」にコンセプトが変わったのですか?
ものすごく期待していたのに。。

それから、2幕目、もうひとひねりほしかった!
時間切れですか?井上先生。

そこがちょっと不満の残る部分です(^^ゞ
[PR]

by mihoko_anne | 2009-04-18 23:13 | 藤原竜也