年もあけて

年が明けて、早くも1週間がすぎました。
なんだか、年を重ねるごとに時間の流れが早くなるような気がします。

年が明けたら、3月の身毒丸埼玉公演に向けて、いろいろと準備しなくてはいけないな、って思ってたのですが、飛行機のチケットもとったし、ホテルの予約も済んだし(Mさん、ありがとう(^O^))、あとは公演のチケットが届くのを待つのみです。

席はどのあたりなのかしら・・浮気しちゃったからなあ。
でも、浮気心もすっかりさめました。だからチケットの神様、どうか私にいいお席を回してくださいな。(最前列なんていいません。せめて、半分より前の方のお席をどうぞよろしく)

「千の目」では蜷川さんと内容の濃いお話ができたそうですね。
映画に打ち込むあまり、すっかりやせてしまった、とか。
もともと細い体なのに、ちょっと心配ですが、でも、精神的には充実しているようで・・

デビュー当時から、なにかというと、イケメンだ、美青年だ、と、その外見に目が向けられがちな彼。
その美しさも私たちにとっては彼の大きな魅力の一つですが、彼はそんな外見のことよりも、演技力や生き方、仕事に取り組む姿勢を見てほしいと思っているのではないかしら。
最近の「外見はあまり気にしなくなった」等という発言は、そんな彼の思いが言わせているのではないか、なんて思います。
(あくまで私の思いですが・・。おばさんが何を言ってるんだ、なんて本人が聞いたら笑っちゃうかな(^^ゞ)

デビューして10年。
きっと、今大きな曲がり角にたって、大人の俳優へとステップアップするために模索の時なんでしょう。
あなたが真剣に仕事と向かい合っている限り、私はいつまでも応援していきますよ(^.^)
だから、前を向いて、まっすぐに歩いて行ってくださいね。

最後に私の大好きな言葉を。

今 その道は 曲がり角に来たのよ。 
曲った向こうに何があるかわからないけど きっとすばらしい世界があるって信じているわ。
                                          (赤毛のアン より)
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-09 08:48 | 藤原竜也