2008年 07月 03日 ( 2 )

博多座 六月大歌舞伎

博多座で観劇した歌舞伎の話題を

「六月大歌舞伎」

c0144955_19175136.jpg



第一の演目は「寿曽我対面」

曾我兄弟の敵討ちを題材にしたものです。
江戸時代は新春に興行されることが多かった、ということで、全体に儀式性が強い舞台でした。
曽我十郎祐成に扮した菊之助さんが美しい~
でも、ちょっとだけ、意識が遠のいてしまいました^^;

お次は、「京鹿子娘道成寺」

安珍、清姫のお話ですね。
御年77才の坂田藤十郎さん演じる白拍子の花子。
舞台に立つと娘にしか見えません。さすがです。
主人はこの演目だけでも、チケット代の値打ちは充分ある!と、大感激してました。

そして、退場していく時に、客席に向かって、手ぬぐいを投げてくれたのですが、その手ぬぐいを見事にGET(^.^)v

c0144955_1929897.jpg



最後の演目は「髪結い新三」

尾上菊五郎が新三を演じました。
この新三、娘を騙してさらってきたり、本当に悪い奴なんですけど、でも、なぜか憎めないんですよね。粋でかっこよくて、ちょっと抜けたところがあって。

三幕あわせて、4時間30分ほどの舞台。
もちろん、間に休憩も入りますけど、さすがにお尻が痛かった~^^;

2月の花形歌舞伎は若手中心で、勢いがあって、若々しくて、とてもよかったですが、さすがにこちらは円熟の味。
やはり、格の違いを感じました。
これからの歌舞伎界をしょってたつ若手の役者さん、多いに精進していただきたい。
頑張ってください!
[PR]

by mihoko_anne | 2008-07-03 19:37 | 日々のくらし

もう7月♪

あ!っというまに、もう7月ですよ♪今年ももう折り返し♪
ほんと、時間のたつのは早いわ。

7月は「カメレオン」に「かもめ」に「竜也いまの俺」に藤原竜也強化月間、といったところですね~
「かもめ」はネタバレを避けつつ、お友達のブログをこそこそ見て回っておりますが、日に日に変化しているようで、私が見る頃にはどういう風に変わっているか、とても楽しみです。

「カメレオン」・「かもめ」の宣伝のため、普段あまりTVに出ない竜也君をあちこちのテレビ番組で見ることができるのもうれしいですね♪

先日の「食わず嫌い王」私の予想に反して「アワビの刺身」
あんなにおいしいものを。たくさん食べたいけど、なかなか食べれないものを。
私は絶対納豆と思った!
あのわざとらしい「おいしい!」って言葉とか子どもの頃の大嫌いだったけど大人になって好きになった、っていうエピソードとか。怪しすぎる。
でも、それを狙ってわざと演技していたのね。まんまと騙されました。

とんねるずのお二人や大杉漣さんが、緊張しまくりの竜也君にとても優しく接してくださってたのが印象的でした。
皆さん大人でいい人たちだなあ。

お次は金曜日。NHKですね♪
「この人にトキメキ」(^-^)


そして今週号の「週刊朝日」
表紙の竜也君。
前回表紙を飾ったのは新撰組!に出演してた頃ですよね♪
長髪で女の子みたいに可愛くて
でも、その頃はまだファンではなかったので、
「おお~総司だ!」くらいにしか思わなくて、雑誌は廃品回収に・・(^^ゞ
なんてもったいないことしちゃったんだろ。

週刊朝日は主人が毎週買ってくるので、今週号もきっと買ってくるだろうとわくわく待ってましたら、

「ほらほら~藤原竜也だぞ」
「ありがとう~」
「お友達に教えてあげなくていいの?」
「いいの。(そんなのみんなとっくに知ってるし)」
「写真、メールしてあげなくていいの?」
「いいの。(みんな買ってるし)」

本文では嬉しそうにシャツ脱いでるし。。。
こんなノリだから篠山先生に脱がされたんだ。きっと(-_-;)
それにしてもかわいい顔で笑ってるわね。
小さい方の一番下のお写真がお気に入りです。
[PR]

by mihoko_anne | 2008-07-03 00:40 | 藤原竜也