カテゴリ:日々のくらし( 54 )

目指すは★号サイズ

春ですね~
いたるところ、花でいっぱい♪

最近、我が家の近所にフィットネスジムができまして、夫婦でジム通いをしています。

今日も行ってきましたよ♪
ストレッチの後、ウェストシェイプコースの筋トレをして、30分のウォーキング。
そして、背骨を伸ばす、っていう、「爽快棒」というプログラムをこなしてきました(^-^)

土日も夫婦でお出かけして、半日くらい入り浸って、ヨガやエアロビクスなどチャレンジしています
(なんて健康的な夫婦なんだ!)

このあたりでは初めての本格的なジムということで、皆さん初心者ばかりなんです。
なので、運動音痴の私でも、気後れすることなくプログラムに参加できるんですよ。
まあね、エアロなのか、盆踊りなのか、微妙~・・って感じで、講師の方はめまいがしていることと思いますが、参加することに意義がある。ということで。

でもね、毎日毎日、(雨の日と風の日はお休みしていますが(^^ゞ)通っているのに、ちっとも体重減らないのですよ。
昨日なんか、ここ数カ月でMAXの体重ですよ。
う~ん、なんでかなあ。
運動の後のビール、これがいけないのかなあ。

★号サイズのお洋服着れるようになるにはまだまだ、遠い道のりですが、がんばるぞ!
[PR]

by mihoko_anne | 2008-04-28 18:00 | 日々のくらし

つぐない

落ち込んでいた私ですが、立ち直りも早い♪
(まあ、これだけが取り柄といえば取り柄(^^ゞ)

昨日、映画「つぐない」見てまいりました♪

c0144955_8115877.jpg


第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言によって、愛しあう恋人たちは無残にも引き裂かれ、犯した過ちの重さにブライオニーが気づいたときには、泥沼の戦争が始まっていた。(goo映画より)

ブライオニーのついた小さな嘘。
自分の見たことにほんの少しの想像力を加えて語った、少女の潔癖な正義感がつかせた嘘の証言。
その証言によって、大切な人たちの運命がほんろうされていく。そして自分も・・

物語の核心に触れてしまうようなのでこれ以上は語りませんが、本当に考えさせられる映画でした。
映像も美しいですし、音楽も美しい。
そして、タイプライターの打つ音が、人の心の中の疑念や緊迫感などをあおりとても効果的に使われていました。

お勧めです。機会があったら是非♪


しかし、タイトル、なんで「つぐない」なんて安っぽいタイトルにしたのかな。
原作は「贖罪」ですよね。意味は同じなんでしょうけれど(^^ゞ
[PR]

by mihoko_anne | 2008-04-21 08:47 | 日々のくらし

チェックは念入りに

昨夜わが町の自治会の総会がありました。

ここ数年、私は自治会の役員(会計)をしておりまして、
こんな家計管理もままならない私に
会計を任せる町内の皆様ってどうなの?という気がしないでもありませんが・・

まあ、なんとか会計監査も潜り抜け、あとは総会のみ。
満を持して臨んだのではありますが・・・

しどろもどろながらも決算報告も終わり、
監査の方より、間違いが無かった、とのお墨付きもいただき、
予算の提案も終わり。

さて、

「皆様何か質問は?」
「繰越の金額が決算と予算で違っているのはなぜですか?」

「え~~」

よく見ると確かに違ってる。一体どうしてこんなことに・・・(頭真っ白でございます)
あんなに計算間違いが無いか、何度もチェックしたのに、
肝心の繰越金額のチェックを怠っておりました(>_<)

その場で訂正し、皆様の了解をいただき事なきを得ましたが、
只今、どっぷりと凹んでおります。(穴があったら入りたい)

「チェックは念入りに」

これを今後の私の座右の銘にして生きていこうと思います・・
[PR]

by mihoko_anne | 2008-04-18 15:21 | 日々のくらし

春!

皆様ご無沙汰しております。おかわりありませんか?
私?はい、毎日元気で暮らしております。
自治会の決算報告作りでここのところバタバタしていました。
何の因果か、会計を仰せつかっているの・・
自分ちの家計管理も満足にできない私に任せるうちの町内も怖いもの知らずというかなんというか(^^ゞ
まあ、なんとか帳尻は無事合いそうで・・・(よかったよかった)


なんだかんだ言っているうちに3月も半ば♪
ここ1週間の天気の移り変わりの激しいことと言ったら・・

黄砂で町も空も車も私の愛車も黄色くどろどろになったかと思えば
(どろどろの愛車、今日やっとお掃除しました(^^ゞ)

翌日は3月のなごり雪で遠くの山は真っ白になり

c0144955_18122543.jpg


そして今日はぽかぽかの春霞

c0144955_18133183.jpg


今日のもやっているのは黄砂じゃないんですって。
花粉と霞なんですって。

ベランダのチューリップがだんだん大きくなったり

c0144955_1822111.jpg


ヒヤシンスのつぼみが膨らんできたり

c0144955_1822552.jpg


そんなことがどうしてこんなにうきうきしちゃうのかしら。

春本番まであと少し。(身毒丸に会える日まであと少し♪)

がんばろう!!


弟の家で飼ってる「らぶ」ちゃんです。

c0144955_18272377.jpg


甘えんぼさんでかわいいの~♪
[PR]

by mihoko_anne | 2008-03-12 18:37 | 日々のくらし

空から黄色い奴が降ってきた

こんばんは(^O^)皆様、お変わりありませんか?
私は、相変わらずの毎日です♪

福岡地方は昨日より黄砂が舞って大変です。
見渡す限りの春霞・・ではなく、黄砂。視界も5km以下だそう。
空も山も町並みもすべてが黄色っぽくて・・(-_-;)

そして最悪なことに雨が降ってきました・・

私の愛車もどろどろ
c0144955_21474622.jpg


ベランダに出てみれば物干しざおもかぴかぴ。
c0144955_21522910.jpg


町を走る車はみんな泥水かぶったみたいになってます。
この季節、車体が濃い色の車は最悪です。
以前は年に数回だったこの黄砂。年々多くなっていってるみたい。
それだけ、中国の砂漠化が進んでいるということなんでしょうか。


そうそう、身毒丸チケット、チケット運の悪い私にしては珍しく「おおっ♪」っていうお席。
(そうでないお席もありましたけど。1勝1敗ってとこかしら。それにお友達に聞くと上には上があるみたいですが(^^ゞ)
でも、いいの。贅沢は言わないわ。神様どうもありがとうございました(^-^)
[PR]

by mihoko_anne | 2008-03-04 22:10 | 日々のくらし

花形歌舞伎

c0144955_0424275.jpg


日曜日に博多座で公演中の花形歌舞伎を見てきました。
毎年、1月に浅草で若手の歌舞伎役者が集まって行われるこの公演。
東京だけではなく、地方でもやってみたいとずっと思っていたそうですが、
今回念願かなって初めての地方公演だそうです。
若手の役者さんが多いということもあって、客席も若い方が多く華やいだ雰囲気。
私たちが見たのは夜の部で演目は「菅原伝授手習鑑」「鳴神」「蜘蛛絲梓弦」。 
どれも新春にふさわしい、華やかなものでしたが、中でも「蜘蛛絲梓弦」は
亀次郎さんの1人6役が見もの。
あちこちに仕掛けを施しての早替りも見事でしたが、
稚児や薬売り、座頭、傾城、蜘蛛の精などを演じ分けるその技量にもびっくり。
亀次郎さんって本当にすごい役者さんですね。
私の大好きな勘太郎君はこの演目では蜘蛛の精に取りつかれた源の頼光の役をやっていました。
きりりとした若武者姿が素敵でした♪

カーテンコールでは客席は総立ち。
歌舞伎でカーテンコールなんてはじめて見ました。(博多座のお客さんは普段幕が降りると非常にあっさりとしてるの^^;)ましてやスタオベなんて(^.^)
でも、それも納得の楽しい舞台でした。

大満足の私たち。こうなったら昼の部も是非見たい!と、帰宅してチケットをチェックしましたら、
なんと、21日の公演、後方ですがセンターブロックのお席が2席残っているではありませんか。
(きっと関係者席が回ってきたのね)
ということで、明日、またまた主人と二人でお昼の公演見てまいります。

お昼は「高杯」という中村家のお家芸に勘太郎君が挑んでいるんですって。
タップダンスを取り入れた軽快な舞だそうで、楽しみです。

歌舞伎公演ではお土産をチェックするのもなかなか楽しいもの。
本公演の舞台写真を売っていたので買っちゃいました。

c0144955_0542833.jpg


勘ちゃんかわいいでしょう♪
これ見ていると、いやなことがあっても忘れちゃいそう。和むわあ。
(これは高杯という舞台でタップダンス踊っている所ですね♪)

もちろん、りりしい勘ちゃんも♪

c0144955_0553063.jpg


源頼光(「蜘蛛絲梓弦」)です。
[PR]

by mihoko_anne | 2008-02-21 00:57 | 日々のくらし

豆まき&お練り見物

こんばんは(^.^)

相変わらず寒い日が続きますが、さすが、立春も過ぎますと日差しも心なしか強くなってきているような・・
早く3月にならないですかねえ♪

さてさて、話は変わりますが、日曜日は節分でしたね♪
ニュースではあちこちの神社で有名人が豆まきをしている姿が流れましたが、福岡でも、博多座で公演中の「二月花形歌舞伎」に出演する役者さん達が参加して、櫛田神社で豆まきが行われました。
参加メンバーは、獅童さん、勘太郎さん、七之助さん、亀治郎さん、亀鶴さん、男女蔵さん、愛之助さん、と、豪華な顔ぶれ。
豆まきのあと、櫛田神社から博多座までの500m程の道のりを宣伝を兼ねて練り歩く「お練り」という行事も催されました。

大好きな勘太郎さん、亀治郎さんが参加されるとあっては、寒いなんて言ってられません。
頑張って参加してきました(^.^)

豆まきの行われる櫛田神社は、夏に山笠の行われる神社としても有名です。
境内には飾り山も飾られています。(山笠の祭り期間外で飾り山を見ることができるのはここだけ)
c0144955_1973372.jpg


おたふくの口をくぐるといいことがあるそうで・・
c0144955_199287.jpg

でも、こうしてみるとちょっと(いえ、かなり)怖い(^^ゞ

c0144955_19131765.jpg

豆に群がる人々。

私は、と言えば、勘太郎さんたちを間近で見るべく、役者さんたちが控え室から出て舞台に上がる、その通路に待ち伏せしていたので、豆争奪戦には参加せず。
その甲斐あって、最前列で勘太郎さんたちを見ることができました。

手を伸ばせばすぐそこに♪
私の30cm先を役者さんが通って行きます♪
私の隣で頑張っていたおばさまなどは
「獅童く~ん」って触りまくっていました(いいのか、これで!警備はどうしたんだ)

写真撮ろうと、カメラを構えていた私に、警備のお兄ちゃんが
「写真なんか絶対に撮れませんよ。後ろから押されるから。足踏ん張って、こけないでくださいね。くれぐれも気をつけてくださいね」
って、脅すのです。
「大袈裟だなあ。」
なんて笑っていましたら・・・・本当に撮ることができませんでした・・後ろから押されて、ブレブレ・・(泣)


気を取り直し、お練り見物。
c0144955_19344618.jpg

ここからスタート。それにしてもすごい人ごみです。

c0144955_193557100.jpg

獅童さん♪

c0144955_19364591.jpg

亀治郎さん♪

c0144955_19372055.jpg

勘太郎さん~♪♪

素敵ですね~(^.^)

c0144955_19383256.jpg

どんどん増え続ける人波

c0144955_19392775.jpg

警備のお兄ちゃんたちも必死です。

c0144955_19401440.jpg

信号もあってなきが如し(歩行者天国になっているわけではありません)

はあ~、すごかった~
怪我人が出なくてよかった~


こんな素敵な役者さん達が出演される「二月花形歌舞伎」内容はこちら
私も来週旦那とお出かけしてきます。
[PR]

by mihoko_anne | 2008-02-06 19:57 | 日々のくらし

ニューイヤーコンサート

お正月はもうすっかり明けてしまって、ちょっと賞味期限切れの話題ではありますが、4日、地元福岡シンフォニーホールで催された、「ウィーン・シュトラウス・ガラ・オーケストラ」のニューイヤーコンサートに行ってまいりました。
このオーケストラ、毎年お正月に福岡で公演があり、主人と二人でそのコンサートを聴きに行くのが我が家の恒例の行事なのです。

ニューイヤーコンサートということで、曲目もウィンナワルツが主体で華やか、そして公演の終わりには紙吹雪がまったり風船をみんなでバンバン割って鳴らしたり、と、とても楽しいんですよ♪

お正月なので和服でお出かけしました。

c0144955_23283189.jpg


この和服、父の知り合いから譲り受けたもの。
着物の好きな婦人が最後まで手元に残しておいた思い入れのある着物なのだそうですが、このまま箪笥の中に眠らせておくのはかわいそう、と、私に下さったのです。
数十年も前のものだそうですが、洗い張りして仕立て直しをしてもらったので新品同様に生まれ変わりました。
大島紬なのですが、全体に細かな花柄が織り込まれていて、こんな大島紬は初めて見た、と、仕立て直しをしてくれた友人が言っていました。

c0144955_23395884.jpg


この細かな花柄を織り込むなんて、気の遠くなるような作業ですよね。
どれくらいの手間と時間を費やして作られたのか・・
私も次の世代に大切に伝えていきたいと思います。

帯は塩瀬の帯。帯地が柔らかいので、締めるのが苦手。後ろがちょっと変になってしまいました(^^ゞ
着付けの先生に見つかったら叱られちゃうなあ~(汗)
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-15 00:00 | 日々のくらし

舞台三昧な日々

年末・年始に放送された面白そうな番組をDVDに撮りだめていたのですが、DVDのHDの容量がいっぱいになってしまって、旦那に「早く見てしまうように!」と厳命され、ここのところ、暇さえあればTVにかじりついています。

ここ2・3日は舞台三昧
「カリギュラ」、「ドラクル」、「ロマンス」「頭痛肩こり樋口一葉」を一気に見ました。

「ロマンス」「頭痛肩こり樋口一葉」は井上ひさし氏の脚本。
やっぱりね、脚本がいいと面白い!
これって当り前のことなんでしょうが、でも、最近のTVドラマを見ていると、あまりにも脚本がくだらないものが多くて・・
(NHKの大河しかり。風林火山、最初は面白いと思ってたのに、最後はグズグズになってたなあ)
原作は面白いのに全く別のものになってしまっている作品も多くて、もうちょっと考えてほしい。

「ロマンス」はチエホフの生涯を描いたもの。
劇中劇で「かもめ」のシーンなども出てきて、6月の「かもめ」の公演に向けて予習としてもばっちり。
松たかこさんって歌も上手いんですね!きれいな声。
そして大竹しのぶさんのすごいこと。
全体にコミカルなキャラクターなのに、「かもめ」の登場人物を演じる時はガラッと雰囲気が変わる。さっと扇子を広げる一瞬の間に、演じる人物が入れ替わるのはすごいと思いました。

チエホフは「自分の作品はボードビルである」といいます。
そう思うと、敷居の高い(様に思われる)チエホフの作品も楽しめるかな。


市川海老蔵さんと宮沢りえちゃんの「ドラクル」
吸血鬼となり永遠の時間を生きるレイとその彼を愛するリリス
海老蔵さん美しい~(やはり、外見は大切ですぞ。竜也君)
レイの悲しいまでの孤独がひしひしと伝わってきました。
リリス役のりえちゃん。ロープでもすごい役者さんだなあ、って思ってましたが、あの細い体ですごい存在感でした。


そして小栗君の「カリギュラ」
劇の内容は私には聞かないで・・・
あの戯曲を理解するには私の頭では容量不足でした・・(-_-;)
でも、カリギュラの「孤独」
それが痛いほどに伝わってきました。悪い奴なのに憎めない。

それにしても小栗君、ハムレットでフォーティンプラス役で登場した時はめまいがするほど下手(小栗君ごめん!)でしたが、すごい成長ぶり。
蜷川さんが目をかけるのもわかります。

彼の演技は骨太い。竜也君と演技が似ている、なんて、最近よく言われているようですが、二人の演技は全然違う。色合いが全く違うような気がします。
これからが楽しみな俳優さんですね。
ただ、滑舌があまりよくない。台詞が聞き取れない部分が多くて、それが彼の今後の課題でしょう。

カリギュラの衣装、あれって(^^ゞ
「ちょうちんぶるまー(おまけにお尻半分出ているし・・)」の小栗君、ある意味貴重な映像?
あの衣装を間近で見せられたら平常心でいられるかしら。
おまけにその衣装で苦悩しても・・私は笑うぞ、きっと。
生でご覧になったMこりんさん♪劇場では周囲の反応はいかがでしたか~

竜也君があの格好をさせられなくてよかった・・心からそう思いました(^^ゞ

小栗君のカリギュラを見たら、無性に竜也君のハムレットが見たくなりました。
うんうん、やっぱりハムレットは最高です(^-^)
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-12 07:25 | 日々のくらし

新年

あけましておめでとうございます。(^.^)


昨年は皆様に遊んでいただいて、本当に楽しい一年でした。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。



今年の年末年始は千葉にいる弟夫婦も帰省して、主人の実家に一族が集合しました。
その中で、長男の嫁をしてまいりました・・疲れた~・・

実家に帰る前に皆様にご挨拶を、と思っていたのですが、なんだか、ばたばたしているうちに時間だけ過ぎてしまって、ご挨拶もしないままに年を越してしまい、本当に失礼しました。
コメントをいただいた皆さん、お返事もしないままになってしまってごめんなさい。
こんな亀な私ですが、今年もお見限りないよう、よろしくお願いします。

今年は年明け早々身毒丸の舞台、そしてかもめ、カメレオンとお楽しみも一杯。
今年はいそがしくなりそうですね。
映画に至っては、お正月から「水川あさみ 藤原竜也に心と体捧げる」なんていう色っぽい話題が(*^_^*) 
 (スポニチの記事はこちら

熱烈なラブシーンって・・でもお世辞にもキスシーン上手とは言えないしなあ・・
不安半分、期待(なんの?)半分で公開をお待ちします♪

期待半分と言えば、竜也さんがレポーターを務める今夜7時よりの「地球危機2008~何気なく暮らしている人たちへ~」

昨日あたりから頻繁にこの番組の番宣が流れていて、「藤原竜也が・・」ってナレーションが流れるたびに
「ん?」
ってTVの前に駆けつける私を見て主人が大笑いしております。まるでパブロフの犬状態です。

テーマがテーマだけに、襟を正してみなければならない番組なのでしょうが、竜也君が上手くレポートできるだろうか、おバカなことを口走らないだろうか、もう、そちらの方が気になって気になって・・
息子の仕事ぶりが気になる母の心境です(^^ゞ
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-04 14:00 | 日々のくらし