カテゴリ:日々のくらし( 54 )

時の流れは・・

昨夜、NHKでゴダイゴの番組を放送していました。
ゴダイゴと言えば、ガンダーラ、モンキーマジック、ビューティフルネームetc・・
今でもつい口ずさめちゃう。私の青春時代です(^.^)
タケカワユキヒデさん、大好きだったんだけどなあ・・
昨夜TVに登場したタケカワさんは一回りも二回りも成長してまんまる・・
時の流れは残酷だ(しみじみ)
(自分のことは棚の上に奇麗に載せてます(^^ゞ)


ところで、Daでメッセージが更新されていますが、我が家の新鋭「宗次郎」では見れないんですけど・・
Vistaでは見れないのかしら。(Daのbbsにも見れないって書き込みがあったような)
ホリプロのオンラインチケットもまだ対応してないようだし・・
はやく何とかしてほしいですね~
(せいぜいXPの源さんに頑張ってもらわないと)
[PR]

by mihoko_anne | 2007-12-13 22:49 | 日々のくらし

牡蠣の浜焼き

c0144955_0134416.jpg


思うところあって、冬の海を見てきました・・・・


うそです。
週末だんなと一緒に「牡蠣の浜焼き」を食べて来ました。
こちらでは冬になると、海岸沿いの露店で焼き牡蠣を食べさせてくれるのです。
牡蠣のバーベキューといった所でしょうか。
よく熾った炭の上で牡蠣がばちばちと跳ねて、結構命がけです^^;
でも、焼きたての牡蠣にレモンを絞って食べるのって堪えられません。

これでビールでもあれば最高なんだけどな。
ドライバーの旦那が飲めないので、ここは私もお付き合いして我慢我慢。

攻撃してくる牡蠣に大興奮で、写真撮り忘れました・・・
私ってつくづくブログには向かない性格なんだわ・・・

上の写真は牡蠣を堪能した後立ち寄った福岡市のお隣にある志摩町の二見ケ浦の写真です。
この日は結構波が高かったです。冬の海なので海の色が少し暗いですね。
この浜は夕陽がとても綺麗で日本の夕陽百選にも選ばれてるんですよ。


京都旅行レポが続いていて、ご紹介が遅れましたが、お友達のブログ「あやめの里便り」さんとリンクさせていただきました。
「ロープ」でご一緒させていただいた茨城のお友達です。
演劇のお話や地元の話題、新選組のことなど、また、水戸天狗党については地元ならではの詳しい考察などもあり、色々とお勉強になります。
ぽんたさん、これからもよろしくね♪
[PR]

by mihoko_anne | 2007-12-12 01:03 | 日々のくらし

美女4人、京都の町を歩く Ⅷ

いよいよ楽しかった旅も終わりに近づいて着ました。
最後は錦市場でお買い物です♪

その土地のおいしいものを食べようと思ったら、やっぱり市場へ行かないとね(^.^)

やっぱり京都ですね。おいしそうなお漬物や干物、鰹節、湯葉・・もう目移りして大変。

「蓉さん、この旅行で一番いきいきしてる」

と二人に言われてしまいましたが、主婦ですもの、仕方ないわ。
どんなに興奮していたかというと、あまりにはしゃぎすぎて写真を撮るのを忘れたくらい^^;

どんな様子なのかはこちら錦市場の公式HPでご覧下さい。


「まずは、市場の端っこまで下見を兼ねて歩く。
それから戻ってくる道でお買い物をするのよ。」

とのまるさんの指示に従いまずは下見と味見。(う~ん、絞りきれない~)

そしてバックしながら、お買い物開始!

私が買ったものは

  ・ぐじの干物
  ・日置菜のふすま漬
  ・引上げ湯葉
  ・おから(これが絶品でした~)
  ・海老芋
  ・鰹節(糸削り)

もっと色々欲しかったんだけどなあ。キリがないのでこのあたりで許してあげよう。
「橙」でかったちりめん山椒もあるしね♪

きっちさん・まるさん・まみみさんからもお土産をたくさん戴きました。

c0144955_15282566.jpg



本当にありがとうございました。

これらの食材を駆使し、私たちが「橙」で至福の時間を過ごしていたとき、一人寂しくレンジでちんしたカレーを食べていた旦那のために、この日の夕食、頑張って作りました(^.^)

c0144955_15261191.jpg


飛騨牛の炊き込み御飯・ぐじの干物・おから・春菊と湯葉のおひたし(鰹節ものっけました)・日置菜の漬物・ちりめん山椒

c0144955_15341151.jpg

海老芋と鶏のつみれ・えりんぎのあんかけ

飲み物は鹿児島旅行以来嵌っている芋焼酎「石蔵」
お酒が進む進む(笑)

なんだかんだ言っても、やっぱり自宅が一番。

旅から帰って、旅のお土産話を聞きながら、一緒においしいものを食べ、おいしいお酒を飲んでくれる人がいるって本当に幸せなことですね(^.^)

いつも気持ちよく送り出してくれる主人に感謝しています。


旅の間中、私のバックの見張りをしてくれたまるさん(すぐに手元からバックを離してしまうのが私の悪い癖。これだから田舎者はね~)、こうして、無事、旅行を終えることが出来たのも、まるさんのおかげです。本当にありがとうございます。感謝しています(^.^)

それから、きっちさん、まみみさん、まるさん、考えもなしに重いお土産を持っていってごめんなさい。重かったでしょう(汗)
あの頃ってDr.コトーに嵌っていて、コトー先生が上京した際に、志木那島で取れたワカメとか貝殻とかラーメンとか、島のお土産を色々と並べるんですが、そのシーンがすごく素敵で、すごく印象に残っていたんですよね。あの時は、もう気分はDr.コトーでしたから、つい、実家で取れたみかんやらカボスやらお土産にしてしまいました。
今、熱も醒め、ふと冷静に振り返ってみれば、なぜ?
反省してます。Dr.コトーごっこはもうしません^^;


きっちさん、まみみさん、まるさん、最高に楽しい旅を企画してくれて本当にありがとうございました。
次回は埼玉ですね。また盛り上がりましょうね!


さてさて、長かった京都旅行記もこれでお終い。
取り留めのない旅行記にお付き合いくださいました皆様、どうもありがとうございました。
[PR]

by mihoko_anne | 2007-12-04 16:38 | 日々のくらし

美女4人、京都の町を歩く Ⅶ

もう少し新選組の想いに浸ってください(^.^)

このあたりは道も狭くって、車一台やっと通れるかな、って感じです。
八木邸、前川邸、新徳寺、壬生寺、これらは本当にご近所、隣組って感じ。

c0144955_15191834.jpg


前川邸です。今は一般公開されていないようです。
山南さんと明里が別れを惜しんだ格子窓も、今はつぶされていてありませんでした。


少し歩くと光縁寺があります。

c0144955_1531597.jpg


このお寺には新選組の隊士がたくさん埋葬されています。
住職さんに色々とお話をお聞きし(この住職さんがユニークで面白いの♪)お寺の過去帳をみせていただいたのですが、埋葬する隊士の名前だけではなく、その遺体を誰が運んできたか、とか、供養料はいくらだったとか、事細かに記されていました。

隊士のお墓にお参りして、写真を撮らせて戴きました。

こちらは山南さんのお墓。

c0144955_15365251.jpg


そしてお隣には「沖田氏縁者」のお墓も。

c0144955_15392667.jpg


c0144955_15394343.jpg


住職さんのおっしゃるには明里のお墓ではないか、ということですが、真相はどうなんでしょうね。

新選組の香りの残る壬生を後に、最終目的地「錦市場」へ向かいました。

市場大好き!

つづく
[PR]

by mihoko_anne | 2007-11-30 15:45 | 日々のくらし

美女4人、京都の町を歩く Ⅵ

運転手歴1ヶ月の新米運転手さんとともに、ホテルのパンフレットの地図と格闘しながら、車で5分とパンフレットに書かれている道のりを、その数倍もかけてようやくたどり着き・・・
まあ、龍馬祭のこの日に高知出身の運転手さんの車に乗るのもなにかの廻りあわせなのかもしれません。

ホテルは伏見稲荷のすぐ近くでしたので、翌日ちょっと早起きして神社にお参りをしました。

c0144955_032066.jpg


神社のすぐ前を伏見街道が通っています。
この道を総司や新選組のみんなも歩いたのかなぁ。
鳥羽伏見の戦いの戦場となった場所はここからはだいぶ離れているようで今回は断念しました。



さて、二日目。
昨日に引き続き、まるさん・まみみさんがお付き合いしてくださいました(^.^)


まずは壬生寺・そして八木邸へ

壬生寺には二十年以上前に主人と二人で行ったことがあったのですが、当時新選組には全く興味のない主人と一緒だったので感慨に浸る暇もなく、八木邸にはお邪魔もできずにいたのでとても楽しみにしていました。

八木邸の内部は写真撮影はNG。
ということでお写真はないのですが、思ったよりもこじんまりとしているのですよ。
鴨居なんかも低いですしね。
こんなところに何人もむさくるしい浪人たちが押し寄せてきて、さぞかし迷惑しただろうな、なんて思っちゃいました。
箒をさかさまに立てたくもなりますよね(^^ゞ

大河ドラマのセットは八木邸のつくりに思いのほか忠実でした。
あの縁側で総司がおひでちゃんをくんくんしてたんだ、とか、この土間でお梅さんが土方さんを誘惑したんだ、とか、けっこう盛り上がれますよ。
案内のおじちゃんがいなかったら、絶対「新選組!ごっこ」やったとおもいます!

その案内のおじちゃんですが、新選組の成り立ちからことt細かく丁寧に説明してくださるんですが、
「そんなこと、とうにしってるわ」
オーラ全開の私たちを相手にさぞかしやりにくかったことだろうと思います(笑)

おじちゃんの説明を受けている二間続きの和室で芹沢鴨暗殺が行われたこと、廊下のすぐそばに芹沢鴨・その横にお梅さん、そしてついたてをはさんで平山と女性、続きの和室に平間とその女性が寝ていて・・なんて生々しい話も聞けました。

廊下のすぐそばに寝ていたのにしくじったなんて情けないぞ、試衛館の面々(笑)

鴨が第一撃を逃れ、隣の部屋に逃げ込んだ時につまずいた机なんていうのも展示されておりました。

鴨居や柱には新選組のみんなにつけられた刀傷もありました。いけないなあ~
総司なんか、まっさきにつけてそうですよね(^^ゞ


部屋の内部のお写真はNGですが、門の外からの撮影はOK♪

c0144955_14988.jpg



こちらは隊士たちがくつろいで座っていたという石。

c0144955_1432575.jpg


c0144955_143534.jpg



みんなが稽古の後、喉を潤したという湧水

c0144955_1445252.jpg



隊士たちが住んでいた離れは今はお菓子屋さんになっています。

c0144955_1461947.jpg


壬生餅が名物です♪
八木邸への入場券を買うとここでお抹茶がいただけます。

待合所にはこんなポスターが

c0144955_835252.jpg


総司~(涙)
大河のあったあの年は本当に幸せな一年でした(しみじみ)


総司が隊務をさぼって鬼ごっこに興じた壬生寺

c0144955_1501488.jpg


あちこちに新選組の香りがいっぱい。


つづく
[PR]

by mihoko_anne | 2007-11-28 01:52 | 日々のくらし

美女4人、京都の町を歩く Ⅴ

ちょうどライトアップが始まったばかりの清水寺。
人がごった返してるのでは、なんて思っていたら、そんなこともなく・・

でも、よく考えたら、到着したのが午後9時。
ライトアップが終わるのが午後9時30分。
だから、だったのかな。後30分ですよ~っていう受付のお兄ちゃんの声を背に夜の清水寺にお参りしました。

c0144955_15254457.jpg


c0144955_19424989.jpg


c0144955_19431229.jpg


ライトアップされたお寺って、昼間見る姿と違って妖しくも美しい。


c0144955_1526580.jpg


レーザー光線なんかも駆使して頑張ってます。


安部晴明出てきそう~
王都に結界張ってるみたい♪ すごい♪


岩崎陽子さん(「無頼」っていう新選組の漫画を描かれたかたです)の作品で「王都妖奇譚」っていう漫画があるんですが、ご存じですか?
平安時代のお話で安部晴明が主人公なんですけどね、まさにこんな風に鏡を使って結界を張り巡らすんです。

「おお~」 と、一人盛り上がる私。
時間がないから急げ!と焦るまるさん・まみみさん。

まみみさん・まるさんの帰りの電車の時間も迫ってたんですよね。

大急ぎで清水寺を駆け巡りタクシーを捕まえて京都駅まで。

電車の時間に間に合うのか!焦る私たち!(ドキドキ)

なのに、このタクシーの運転手さんがサービス精神満点におっとりといろいろなお話してくださるんですよね~(^^ゞ

時間がある時ならそのサービス精神は大歓迎ですが今は一分一秒を争う大変な時。

「時間がないので・・」

私たちの置かれた状況を理解した運転手さん、とばすとばす!!
怖くなかったですか?まるさん・まみみさん(笑)


なんとか列車の時間にも間に合い、京都駅でしばしのお別れです。


私はと言えば、駅で拾ったタクシーの運転手さん、一か月前に高知県から出てきた方でした・・(-_-;)

ホテルの名前を告げる私に

「場所ご存じですか?」


今日九州から観光に来た私に聞かないで~


つづく
[PR]

by mihoko_anne | 2007-11-25 16:04 | 日々のくらし

美女4人、京都の町を歩く Ⅳ

きっちさんとお別れした私たちは「哲学の道」をそぞろ歩き、人生の機微について語り合う・・はずもなく(笑)・・どこかでお茶しよう♪とか夕食はどこで食べよう?とか、そんな話題ばかり。
まあ、女性ばかり、3人よればこんな所ですよね(^.^)

c0144955_6514612.jpg


c0144955_6521953.jpg


この道、夕暮れも迫っていたためでしょうか、人も少なくてとてもいい感じ
きっと、オフシーズンの京都ってこんなにしっとりとして落ち着いてるんだろうな~

途中、手焼きの八橋を売っているお店でお土産を購入♪
これ、うちの旦那に大好評でした。(写真撮り忘れました(^^ゞ)

そんなまったりした時間を過ごしていたら、先ほどお別れしたきっちさんからメールが。

「今京都駅に着きました」

お別れしてからずいぶん経ってたんですよ。
あのぎゅうぎゅうバスに乗って、こんなに長い時間?しかも、九州から持参した「カボス&みかん」付。
きっちさん、重かったね。肩こったでしょう。ごめんなさい。


夕食は、「やはり夜の祇園でしょう」

ということで、昼間行った花見小路に舞い戻りました。
まるさん&まみみさんお勧めの「橙」に行くことに。

c0144955_71917.jpg


夜の祇園って、なんだかぐっと色っぽくて大人の町って雰囲気です。
照明も控えめで、いい雰囲気。


夜の京都の料亭ってなんだかすごく敷居が高いような気がしていたのですが(そんなところもたくさんあるのでしょうが)今回お邪魔した「橙」さんはこじんまりとしてとても親しみやすい感じのお店でした。
店内はカウンターが10席ほど。そして小上がりっていうのでしょうか、畳のお席が1テーブル。
頑固一徹、っていう感じの年季のいった板前さんがお料理を取り仕切っておられました。

c0144955_782512.jpg


まずは前菜。いくら・えびの巻物・ほうれんそうの胡麻和え(松茸添え)


c0144955_7114031.jpg


土瓶蒸し♪(実は初体験です。私。松茸と鱧のお味が絶妙。生きていてよかった~(^.^))


c0144955_7133012.jpg


お造り。真鯛・いか・マグロ(大トロ)・鱧

私は博多在住ですからね、お魚だけはちょっとうるさいですよ。
でもね、この日いただいたお魚はどれも絶品でしたよ~
鱧は九州の方ではあまりお目にかからないお魚。今回、初めていただきました。
さっぱりとおいしいですね。


c0144955_718285.jpg


海老芋と鯛のあら炊き。
まるさんが、「お魚の頭は食べられない~」なんて柄にもなくしおらしいことをおっしゃるので、頭とカマの部分を取り換えてあげましたよ(^.^)


c0144955_14395147.jpg


お次は甘鯛の塩焼き。
京都では「ぐじ」と呼ぶようですね。


c0144955_14411932.jpg


鴨のロースト。ポテトサラダ添え。
鴨って今までちょっと苦手にしていたんですが、これは臭みもなくておいしい~(^.^)
ポテトサラダはやさしいお味。


c0144955_14443547.jpg


お二人一押しのかぶら蒸し。
うんうん、おいしいものを食べる時、人間は寡黙になるのです。
本当においしかった(^.^)


c0144955_14461367.jpg


松茸ごはん、お漬け物、ちりめん山椒。
いうことありません~♪♪
ご飯もさることながら、ちりめん山椒、おいしかったですよ~
お土産にこのちりめん山椒しっかりとGETいたしました。


c0144955_14491718.jpg


デザートは柿と苺。

満足満足♪どうもごちそうさまでした。


お腹も心も幸せいっぱいな私たち。

お別れする前に、この日からライトアップが始まった、という、清水寺へ向かいました。

つづく♪
[PR]

by mihoko_anne | 2007-11-25 14:59 | 日々のくらし

美女4人、京都の町を歩く Ⅲ

人力車のお兄ちゃんたちとお別れし、おなかもいい具合にすいてきた私たち。

お昼は花見小路でとることに。

あれこれ迷った挙句、「西岡」というお店の湯豆腐セット(っていう名前ではなかったけど)をいただきました。

c0144955_7515989.jpg


お豆腐がふんわりとろんとしておいしかった~(^.^)


お腹もいっぱいになって次の目的地「銀閣寺」に直行しました♪

金閣寺は●十年前に修学旅行で行ったことがあったのですが、銀閣寺はまだ。
東山文化を代表するこのお寺に一度行ってみたいなって思っていたのでリクエストしたのです。

ここもやはりすごい人ごみ。
門をくぐるとこんなオブジェが

c0144955_83833.jpg


おお~、これって6月にみた「NINAGAWA十二夜」に出てきた舞台装置にそっくり。
このオブジェに隠れて市川亀次郎さん扮する次女の「麻阿」が色々芝居していたんです。
その場面がすごく面白くて印象に残っているのですが、まさかこんな所で巡り合おうとは。

このオブジェは「向月台」という立派なお名前がついてるんですね。ひとつお勉強になりました(^.^)

さてさて、銀閣寺ってどの辺にあるのかな、と振り返るとすぐ後ろにおなじみの建物が

c0144955_814713.jpg



私が想像していたのは、こう、回遊式の庭園を歩いていると木々の間から銀閣寺が顔をだすっていうものだったんですが、まさか、門をくぐるとすぐそこにあるとは思いませんでした。

あれって、気がつかずに通り過ぎてしまう観光客もいるんじゃない?地味な建物だし・・(国宝が散々ないわれようだな(笑))


市内の街路樹は紅葉はまだまだっていう感じでしたが、園内は紅葉がとてもきれい♪

c0144955_8281356.jpg


苔の上に散った紅葉も絵になりますね(^.^)

c0144955_8284376.jpg



さて、きっちさんはお子さんのお迎えがあるのでここでお別れ。

まみみさん・まるさん・私の3人はこの後夜の京都を満喫しました♪

つづく
[PR]

by mihoko_anne | 2007-11-21 08:40 | 日々のくらし

美女4人、京都の町を歩く Ⅱ

京都駅で感動の再会を果たし(ロープ以来ですね)、龍馬祭へ出発!!

龍馬祭の開催される霊山護国神社方面のバス亭には長い長い列。
秋の京都は一年中でも一番観光客が多いんですって。

c0144955_2310135.jpg


霊山護国神社では入場料を払うと坂本龍馬さんか中岡慎太郎さんの名刺をくれるんですよ。
私は龍馬さんの名刺をGET♪

c0144955_23313177.jpg


山の中腹にある龍馬さんのお墓にお参りし、途中久坂玄瑞さん・吉田稔麿さん・来島又兵衛さんたちのお墓の横を通りつつ、桂小五郎さんと幾松さんのお墓にもお参りし・・

桂小五郎さんと幾松さんのお墓は一際大きくて
う~ん、やっぱりね~、あの激動の時代を生き抜くって大きいなあ~

感慨にひたりつつ山を下ってくるとなにやらいい匂い♪

もしやこれは噂の

c0144955_23464352.jpg


軍鶏鍋でした♪
生姜の風味が効いていておいしい~
軍鶏を使っているだけあって、野生の味でした。
うん、あれはブロイラーの味ではないな。偽装表示はなかったと思われます。
どうもごちそうさまでした(^.^)


お参りを済ませ、さてどうしようか、なんて相談していると、人力車のお兄ちゃんが営業にやってきました。
人力車って乗ったことなくて。
こんなときでもないと乗ることはできないな、と、祇園まで30分のコースをお願いしました。

人力車からみる景色はどこか風情があって素敵

京都ってほんのちょっとした路地もなにかしら趣があるんですね。

c0144955_23591952.jpg


左隅に見えるのはお兄ちゃんの頭です(^^ゞ

c0144955_23594925.jpg


名前を教えてもらったけど忘れてしまった(汗)どこかのお寺の五重の塔
(後日この塔は八坂の塔と判明いたしました。まるさんありがとう(^O^))

c0144955_2356571.jpg


今回私たちを担当してくれたお兄ちゃん達。(重かったでしょう。ごめんなさいね~)
かわいくて、さわやかで、すごくいい子たちでした。

人力車、すごく楽しかったですよ。京都へお越しの際はぜひ乗ってみては。

人力車のえびす屋さんのHPは

  http://www.ebisuya.com   です。


つづく
[PR]

by mihoko_anne | 2007-11-21 00:16 | 日々のくらし

美女4人、京都の町を歩く

いつも、きっちさんやまるさんのブログでまみみさんと3人楽しそうに京都でランチデートしているのをみて、いいな、うらやましいな、って思っていました。

私も参加した~い!!って。

そうしたら、まるさんが

「龍馬祭、一緒に行きませんか?」って声をかけてくださって。

そのお誘いに即飛びついてしまいました。
思いは口に出して言うもんですね~♪

いつもは日帰りのおデートなのに、今回はまるさんはお泊り。
2日間も付き合ってくださいました。本当にありがとう(^O^)

今回のデートコースは私の希望も取り入れてくださって

1日目

  「霊山護国神社」で龍馬祭に参加し(お墓参り&噂の軍鶏鍋を食す)
       ↓

  祇園あたりで昼食をとり
       ↓

  銀閣寺観光
       ↓ 

  哲学の道を京都の風情に浸りつつそぞろ歩き
       ↓

  大人の京都の夜を満喫する。

2日目

  壬生寺・八木邸・光縁寺にて遠く新選組に思いを馳せ
       ↓

  錦市場にて京都のおいしいものを買いあさり
       ↓

  楽しかった思い出とともに家路につく

と、ざっとこんな行程で出発したのですが、想定外の楽しかったことがたくさん♪


つづく
[PR]

by mihoko_anne | 2007-11-20 17:57 | 日々のくらし