<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東京大空襲

おはようございます♪
相変わらず寒い日が続きますが、道を歩いていると、陽だまりでは白い梅の花も咲いていて、すぐそばまで春がやってきているんだなあ、なんて感じさせられます。

そんな春の足音と共にいろいろとうれしいニュースが入ってまいりました♪

仲間内ではいろいろと情報が飛び交っていた「東京大空襲」公式に発表になりましたね(^.^)

こちらに写真入りの記事が

    msn産経ニュース

堀北真希さんとW主演。ということは、私が想像していたよりも出番が多いのかな♪
重い心臓病を患っていて・・なんてあたり、デスノートのライトの最期とキャラがかぶるような、そんな感じがしなくもないですが・・
最近すごく痩せている、って話を聞いて心配していたのですが(ご本人は映画「カメレオン」の撮影のために・・って言ってましたが)、ひょっとしたら、このドラマの役作りのためだったのかも。
大河ドラマ「新選組!」の時を思い出しますね。あの時も労咳を患った総司の役作りでげっそりと痩せてしまって、大丈夫かな、って心配したものです。
この後、舞台公演が続きますし、体にだけは気をつけてもらいたいんですが・・
ともあれ、久しぶりのTV出演。どんな演技を見せてくれるのか、楽しみです♪
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-29 08:51 | 藤原竜也

僕らの時代

おはようございます(^.^)

相変わらず寒いですね~皆様風邪などひいていませんか?
一日中冷蔵庫の中に入ったような寒い寒い日、うれしいお知らせが携帯メールに♪(Mさんありがとう&皆様お騒がせいたしました(^.^))

3月16日(日)7:00~7:30
フジテレビ系列「ボクらの時代」
歌舞伎役者・中村勘太郎さん、男子フィギアスケート選手・高橋大輔さんと三人でフリートーク♪

大好きな勘ちゃんと、これまた大好きなフィギュアスケートの高橋選手と、もちろん大大好きな竜也君とのフリートーク!
楽しみすぎる。どんなお話が聞けるのかな~

勘ちゃんと言えば来月の博多座「花形歌舞伎」観劇予定です♪
市川亀次郎さんも出演するし、中村獅童さんも♪
とても楽しみにしていたのに・・届いたお席が花道すぐそばとはいえQ列。
博多座会で先行でとったのに、こんなのあり?
それとも、歌舞伎では花道横のお席って良席と喜ぶべき?
う~ん、微妙だな~浮気した罰?
これで厄落としなのだといいけれど・・
チケットの神様、3月の本命はよろしくお頼みしますよ~(祈)

博多座つながりでもうひとつ♪
先週土曜日、今博多座で公演中の「細雪」行ってまいりました。
主人のお母様を誘っての観劇。親孝行してまいりましたよ(^.^)
学生時代に谷崎潤一郎の原作は読んでいましたが、もう、忘却の彼方・・
内容はこちら
四姉妹のしっとりとした描かれ方、そして美しい衣装や舞台装置。
目の保養になりました♪
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-26 07:28 | 藤原竜也

圧力鍋クッキング

最近圧力鍋でお料理をすることに嵌っています。

圧力鍋は10年くらい前に買っていたのですが、蒸気を抜くときに蒸気と一緒に煮汁が噴き出して、すごく怖い思いをして以来しまいこんでいました。
それに、買った時にお鍋についていたレシピがあまりよくなくて、レシピどおりにつくってみてもあまりおいしくできなくて・・

ところが、最近、圧力鍋を使ったレシピがネットでたくさん配信されていることを知り、再チャレンジしてみようと、引出しの奥からお鍋を引っ張り出してきました。

10年ぶりの圧力鍋。
使ってみるとこれが便利!
煮汁の吹き出しは、圧力が十分下がりきらないうちに蓋を開けようとしたからだと判明。

なんだよ~。早く言ってよ~(取扱説明書にちゃんと書いてます(^^ゞ)
いまひとつだったレシピも日々改良を重ねたのか、とってもいい感じ。

我が家のお鍋はティファール社製のものですが、こちらのHPにもレシピがたくさん掲載されています。

その中から、我が家でつくってみたものを紹介します(^.^)

まずは、圧力鍋君です。名前考え中です。
c0144955_18421379.jpg


圧力鍋と言えばこれでしょう。鰯の煮物。
c0144955_18424679.jpg

小ぶりの鰯が安かったのでたくさん買ってきて煮てみました。
骨まで軟らかくて、もりもり食べれちゃいます♪

次も定番ですね。金時豆の甘煮
c0144955_18454729.jpg

なにがすごいって、火にかける時間は圧力がかかりだして、たったの1分。
それから自然に圧力が下がるまで放置し。
それでふっくら柔らかなお豆さんになりました。
あとは、お砂糖を加えて少し煮て甘さを含ませればOK。
ほのかに甘い、おいしい甘煮ができました。

次も定番メニュー。豚の角煮。
c0144955_18502616.jpg

お箸でほろってほぐれます。


最後にすごく感動したのがこのローストビーフ。
c0144955_18514095.jpg

最初に焼き目をつけ、あとは少しのお水を入れて、加圧後5分加熱。あとは20分放置しておくだけ。
中はほんのりピンク色。
柔らかくておいしい~♪
デパ地下の柿〇ダイニングにもひけを取りませんよ~(^.^)

豚の角煮とローストビーフはおせち料理用に作ったのですが、家族にも大好評でした♪

時間もかからず、ガス代もかからず。
家計にも地球にも優しい圧力鍋、いかがですか?
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-15 21:00 | お料理

ニューイヤーコンサート

お正月はもうすっかり明けてしまって、ちょっと賞味期限切れの話題ではありますが、4日、地元福岡シンフォニーホールで催された、「ウィーン・シュトラウス・ガラ・オーケストラ」のニューイヤーコンサートに行ってまいりました。
このオーケストラ、毎年お正月に福岡で公演があり、主人と二人でそのコンサートを聴きに行くのが我が家の恒例の行事なのです。

ニューイヤーコンサートということで、曲目もウィンナワルツが主体で華やか、そして公演の終わりには紙吹雪がまったり風船をみんなでバンバン割って鳴らしたり、と、とても楽しいんですよ♪

お正月なので和服でお出かけしました。

c0144955_23283189.jpg


この和服、父の知り合いから譲り受けたもの。
着物の好きな婦人が最後まで手元に残しておいた思い入れのある着物なのだそうですが、このまま箪笥の中に眠らせておくのはかわいそう、と、私に下さったのです。
数十年も前のものだそうですが、洗い張りして仕立て直しをしてもらったので新品同様に生まれ変わりました。
大島紬なのですが、全体に細かな花柄が織り込まれていて、こんな大島紬は初めて見た、と、仕立て直しをしてくれた友人が言っていました。

c0144955_23395884.jpg


この細かな花柄を織り込むなんて、気の遠くなるような作業ですよね。
どれくらいの手間と時間を費やして作られたのか・・
私も次の世代に大切に伝えていきたいと思います。

帯は塩瀬の帯。帯地が柔らかいので、締めるのが苦手。後ろがちょっと変になってしまいました(^^ゞ
着付けの先生に見つかったら叱られちゃうなあ~(汗)
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-15 00:00 | 日々のくらし

舞台三昧な日々

年末・年始に放送された面白そうな番組をDVDに撮りだめていたのですが、DVDのHDの容量がいっぱいになってしまって、旦那に「早く見てしまうように!」と厳命され、ここのところ、暇さえあればTVにかじりついています。

ここ2・3日は舞台三昧
「カリギュラ」、「ドラクル」、「ロマンス」「頭痛肩こり樋口一葉」を一気に見ました。

「ロマンス」「頭痛肩こり樋口一葉」は井上ひさし氏の脚本。
やっぱりね、脚本がいいと面白い!
これって当り前のことなんでしょうが、でも、最近のTVドラマを見ていると、あまりにも脚本がくだらないものが多くて・・
(NHKの大河しかり。風林火山、最初は面白いと思ってたのに、最後はグズグズになってたなあ)
原作は面白いのに全く別のものになってしまっている作品も多くて、もうちょっと考えてほしい。

「ロマンス」はチエホフの生涯を描いたもの。
劇中劇で「かもめ」のシーンなども出てきて、6月の「かもめ」の公演に向けて予習としてもばっちり。
松たかこさんって歌も上手いんですね!きれいな声。
そして大竹しのぶさんのすごいこと。
全体にコミカルなキャラクターなのに、「かもめ」の登場人物を演じる時はガラッと雰囲気が変わる。さっと扇子を広げる一瞬の間に、演じる人物が入れ替わるのはすごいと思いました。

チエホフは「自分の作品はボードビルである」といいます。
そう思うと、敷居の高い(様に思われる)チエホフの作品も楽しめるかな。


市川海老蔵さんと宮沢りえちゃんの「ドラクル」
吸血鬼となり永遠の時間を生きるレイとその彼を愛するリリス
海老蔵さん美しい~(やはり、外見は大切ですぞ。竜也君)
レイの悲しいまでの孤独がひしひしと伝わってきました。
リリス役のりえちゃん。ロープでもすごい役者さんだなあ、って思ってましたが、あの細い体ですごい存在感でした。


そして小栗君の「カリギュラ」
劇の内容は私には聞かないで・・・
あの戯曲を理解するには私の頭では容量不足でした・・(-_-;)
でも、カリギュラの「孤独」
それが痛いほどに伝わってきました。悪い奴なのに憎めない。

それにしても小栗君、ハムレットでフォーティンプラス役で登場した時はめまいがするほど下手(小栗君ごめん!)でしたが、すごい成長ぶり。
蜷川さんが目をかけるのもわかります。

彼の演技は骨太い。竜也君と演技が似ている、なんて、最近よく言われているようですが、二人の演技は全然違う。色合いが全く違うような気がします。
これからが楽しみな俳優さんですね。
ただ、滑舌があまりよくない。台詞が聞き取れない部分が多くて、それが彼の今後の課題でしょう。

カリギュラの衣装、あれって(^^ゞ
「ちょうちんぶるまー(おまけにお尻半分出ているし・・)」の小栗君、ある意味貴重な映像?
あの衣装を間近で見せられたら平常心でいられるかしら。
おまけにその衣装で苦悩しても・・私は笑うぞ、きっと。
生でご覧になったMこりんさん♪劇場では周囲の反応はいかがでしたか~

竜也君があの格好をさせられなくてよかった・・心からそう思いました(^^ゞ

小栗君のカリギュラを見たら、無性に竜也君のハムレットが見たくなりました。
うんうん、やっぱりハムレットは最高です(^-^)
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-12 07:25 | 日々のくらし

年もあけて

年が明けて、早くも1週間がすぎました。
なんだか、年を重ねるごとに時間の流れが早くなるような気がします。

年が明けたら、3月の身毒丸埼玉公演に向けて、いろいろと準備しなくてはいけないな、って思ってたのですが、飛行機のチケットもとったし、ホテルの予約も済んだし(Mさん、ありがとう(^O^))、あとは公演のチケットが届くのを待つのみです。

席はどのあたりなのかしら・・浮気しちゃったからなあ。
でも、浮気心もすっかりさめました。だからチケットの神様、どうか私にいいお席を回してくださいな。(最前列なんていいません。せめて、半分より前の方のお席をどうぞよろしく)

「千の目」では蜷川さんと内容の濃いお話ができたそうですね。
映画に打ち込むあまり、すっかりやせてしまった、とか。
もともと細い体なのに、ちょっと心配ですが、でも、精神的には充実しているようで・・

デビュー当時から、なにかというと、イケメンだ、美青年だ、と、その外見に目が向けられがちな彼。
その美しさも私たちにとっては彼の大きな魅力の一つですが、彼はそんな外見のことよりも、演技力や生き方、仕事に取り組む姿勢を見てほしいと思っているのではないかしら。
最近の「外見はあまり気にしなくなった」等という発言は、そんな彼の思いが言わせているのではないか、なんて思います。
(あくまで私の思いですが・・。おばさんが何を言ってるんだ、なんて本人が聞いたら笑っちゃうかな(^^ゞ)

デビューして10年。
きっと、今大きな曲がり角にたって、大人の俳優へとステップアップするために模索の時なんでしょう。
あなたが真剣に仕事と向かい合っている限り、私はいつまでも応援していきますよ(^.^)
だから、前を向いて、まっすぐに歩いて行ってくださいね。

最後に私の大好きな言葉を。

今 その道は 曲がり角に来たのよ。 
曲った向こうに何があるかわからないけど きっとすばらしい世界があるって信じているわ。
                                          (赤毛のアン より)
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-09 08:48 | 藤原竜也

新年

あけましておめでとうございます。(^.^)


昨年は皆様に遊んでいただいて、本当に楽しい一年でした。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。



今年の年末年始は千葉にいる弟夫婦も帰省して、主人の実家に一族が集合しました。
その中で、長男の嫁をしてまいりました・・疲れた~・・

実家に帰る前に皆様にご挨拶を、と思っていたのですが、なんだか、ばたばたしているうちに時間だけ過ぎてしまって、ご挨拶もしないままに年を越してしまい、本当に失礼しました。
コメントをいただいた皆さん、お返事もしないままになってしまってごめんなさい。
こんな亀な私ですが、今年もお見限りないよう、よろしくお願いします。

今年は年明け早々身毒丸の舞台、そしてかもめ、カメレオンとお楽しみも一杯。
今年はいそがしくなりそうですね。
映画に至っては、お正月から「水川あさみ 藤原竜也に心と体捧げる」なんていう色っぽい話題が(*^_^*) 
 (スポニチの記事はこちら

熱烈なラブシーンって・・でもお世辞にもキスシーン上手とは言えないしなあ・・
不安半分、期待(なんの?)半分で公開をお待ちします♪

期待半分と言えば、竜也さんがレポーターを務める今夜7時よりの「地球危機2008~何気なく暮らしている人たちへ~」

昨日あたりから頻繁にこの番組の番宣が流れていて、「藤原竜也が・・」ってナレーションが流れるたびに
「ん?」
ってTVの前に駆けつける私を見て主人が大笑いしております。まるでパブロフの犬状態です。

テーマがテーマだけに、襟を正してみなければならない番組なのでしょうが、竜也君が上手くレポートできるだろうか、おバカなことを口走らないだろうか、もう、そちらの方が気になって気になって・・
息子の仕事ぶりが気になる母の心境です(^^ゞ
[PR]

by mihoko_anne | 2008-01-04 14:00 | 日々のくらし