<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

広島・熊本へ

こんばんは(^O^)

風薫る5月も今週で終り。
毎度のことながら、すっかりご無沙汰してしまいました。
竜也君のバースデーもスルーしてしまって、竜也ファンとしてはありえないですよね(汗)
でもでも、浮気していたわけでは決してありません(って、誰に対して言い訳?(^^ゞ)
白洲次郎さん熱もすっかり冷めてしまいましたし・・・(早かったわ~)
今月は竜也君の面影を追いかけてあちこち巡り歩いておりました。

巌流島を訪ねて、武蔵と小次郎の決闘に思いを馳せたのは報告済みですが、
その後、広島・熊本へ行ってきました。

まずは広島。世界遺産の宮島へ。
宮島へは船で渡るんですね。知らなかったわ。

宮島と言えば海に浮かぶ赤い社殿に大鳥居。素敵ですよね~
一度見たかったの。

なのに・・・・

知らなかった。干潮になると干潟になっちゃうなんて(涙)
c0144955_1123573.jpg


潮干狩りする人々。
c0144955_1155975.jpg


横にはこんな看板も
c0144955_1165118.jpg

・・・(^^ゞ

c0144955_1194729.jpg

大鳥居のすぐそばまで行けて、これはこれで貴重な経験だったかも。
帰りの船の中にはあさりの入ったバケツをぶら下げた人がたくさんのっていらっしゃいました。

その後、広島市内に戻り、原爆ドームを見学。
c0144955_1293015.jpg

この建物の前からヤマトは富士へ電話をかけていたんですね。

原爆投下時のままの姿で残された建物。
すぐ近くを流れる川は水を求めて逃げ惑う人たちでうめつくされたのでしょう。

そして今、その建物の側を楽しげに行きかう人たち。
青い空。5月のすがすがしい風。眩しいほどの新緑。
遠くから聞こえてくるブラスバンドの音。笑い声。

大きな犠牲を払って得たこの平和を大切にしなくては・・としみじみ思いました。


そして熊本。
熊本は武蔵終焉の地ですよね。
加藤清正が築城した天下の名城。
西南戦争で本丸はじめ主だった建物はすべて焼け落ちてしまい、今あるのは復元されたものですが、広大な敷地に建つ城郭に細川家の権勢をしのぶことができます。
c0144955_1595265.jpg

c0144955_201639.jpg


このお城の近くに武蔵は屋敷を拝領し住んでいたそうです。
c0144955_225567.jpg


そしてこちらは武蔵が使用した井戸。
NHK熊本放送局の玄関前にありました。
c0144955_242138.jpg

c0144955_244776.jpg


うっかり見過ごしてしまいそうな場所にあって、ようやく探し当てた史跡でした。
土地の人もよく知らないの。

旦那には
「藤原竜也が使った井戸じゃないぞ」
としっかりからかわれてしまいました(^^ゞ
[PR]

by mihoko_anne | 2009-05-25 02:12 | 日々のくらし

巌流島ゆかりの地をめぐって

休日を利用して巌流島の決闘の地、門司に行ってきました♪

門司は私の実家のある北九州市にあります。
かっては門司というと九州の玄関口として大変栄えていたそうですが、いまではその面影もなく(^^ゞ

最近では、門司が栄えていたころに建てられた明治・大正時代のたくさんの洋館(門司港駅などは有名ですよね)を観光資源に、門司港レトロ地区として売り出していています。
近くに住んでいながら、なかなかいく機会のなかったこの土地、舞台「ムサシ」観劇の記念に行ってきました♪

厳密に言うと、武蔵は下関側から、小次郎は門司側から、巌流島(正式名称は船島。お芝居では船島って言ってましたよね。)にわたって、戦ったわけですが、この二つの地点の間は本当に狭くて、潮の流れも速い。そして、時間によって潮の流れが東から西、西から東へと、180度変わるのです。
源平合戦の古戦場「壇ノ浦」もすぐそばにあって、義経が潮の流れを利用して勝利をつかんだ、というのは有名な話ですよね。

舞台で、小次郎が遅刻した武蔵をなじっていた時に、
「退路を確保するために潮の流れを読んでいたんだ」
と答えていましたが、そりゃあ、ごもっとも。
決められた時間にのこのこやってきていたら、決闘に勝利しても、下関側には帰れなかったぞ。

c0144955_9133120.jpg
c0144955_914814.jpg


門司側からみたところです。
向こうに見えるのが下関。橋は九州と本州をつなぐ関門橋です。

c0144955_9164465.jpg

武蔵の碑がある「手向山公園」に移動してきました。
海に浮かんでいるのが下関市の彦島。そしてその島の陰に船島があります。
ここは小学生のころ、よく遠足で来たんですよね♪

c0144955_919421.jpg

武蔵の養子、宮本伊織が建てた「武蔵顕彰碑」
小倉藩筆頭家老までなった宮本伊織は、拝領した手向山に、武蔵没9年後の1654(承応3)年に、熊本より遺骨を移し、骨壷・銅鏡・古文書を埋葬し、その上に武蔵顕彰碑を建てたそうです。

c0144955_927914.jpg

こちらは小次郎の記念碑。
村上元三の小説「佐々木小次郎」の完成を記念して、1951(昭和26)年建てられました。


武蔵ゆかりの地を巡った後は、門司港レトロ地区へ♪

c0144955_8522945.jpg

こちらは門司港駅。鉄道ファンの方はきっとご存知じゃないかしら。
大正時代に建てられたこの駅舎。国の重要文化財に指定されてるんですよ。

c0144955_8561212.jpg
c0144955_8563340.jpg

こちらはレトロ地区の中心部。
旧門司税関や三井倶楽部などの洋館が立ち並んでいます。

お昼は連絡船にのって対岸の下関市にわたり、唐戸市場へ。
ここのお寿司がおいしいんです(^-^)

c0144955_9362339.jpg


c0144955_9365279.jpg

主人はにぎり寿司

c0144955_937955.jpg

私はうに丼♪

おいしかった~

お土産はこちら♪
c0144955_939938.jpg

「おそいぞ!武蔵」(笑)
[PR]

by mihoko_anne | 2009-05-02 09:47 | 日々のくらし